5月12日 大原女まつり
 大原女の大行列です。阿波内侍が大原女の衣装を考えたとされています。頭に柴を乗せているのが特徴です。
来年は建礼門院様の800年御遠忌ですので、建礼門院様も行列に参加していました!そして、建礼門院様に仕えていました阿波内侍様もいます。
   
   
6月6日、7日 同志社大学グリークラブ
 同志社グリークラブの皆さんが寂光院で歌声を披露して下さいました。どうも有難う御座いました。
フリーアナウンサーの方が、平家物語の朗読をしています。


6月10日(日) 寂光院の歴史文化講座
歴史文化講座が開かれました。T部は、京都文化博物館学芸員「特別展 平清盛」担当の西山剛さんの講演です。テーマは「平清盛と寂光院」でした(左写真) そして、U部は瀧澤智明院主がお話されました(右写真)

   

7月7日(土) 寂光院蛍放生会&平家物語朗読&葉月よし子さんシャンソンミニコンサート
寂光院夜間拝観が行われました。当日は生憎の曇り空。時々、雨が降ることもありましたが、お客さまに怪我・事故などなく無事終えることができ、ほっとしております。みなさまにとって、素敵な夜であれば本望でございます。お足元の悪い中、当院にお越しくださったみなさま、本当に有難う御座いました。

左、青紅葉のライトアップ。また日が完全に暮れていませんので空がほんのりと明るいですが、夜になってライトアップされた青紅葉はとってもキレイでした。右、参道のライトアップです。淡い優しい光が院内に溢れていました。



左写真、法話中の当院 瀧澤智明院主です。法話のあとに蛍放生会がありましたが、写真には収められませんでした。時々、ぽうっと小さな光を灯してくれた蛍たち、また寂光院に遊びに来てほしいです(笑)
右写真、平家物語の朗読してくださった本田智容子さんです。情緒たっぷりの優しい語りは、夜のしっとりとした寂光院の雰囲気と相俟ってとっても素敵でした。本田さん、どうも有難う御座いました。
 

 
左、寂光院の茶室ライトアップです。わずかに照らされた茶室はとても神秘的でした。
右、シャンソン歌手 葉月よし子さんです。「見上げてごらん夜を」から始まったミニコンサート。しっとりとした優しい曲からアップテンポの明るい曲まで、様々な雰囲気の曲を歌ってくださいました。華やかな歌声に、みなさんもうっとり。葉月よし子さん、どうも有難うございました。
   
  7月8日(日) 建礼門院様へ シャンソン奉納

 
左写真、シャンソン歌手の葉月よし子さんです。右写真、ギターで伴奏をしています。葉月さんが歌いになった曲の伴奏は、ギター二本のみでした。葉月さんはもちろん、ギターさんも曲によって音色の雰囲気がガラリと変わったのに驚きでした。素敵な演奏、有難う御座いました。

 
 
左写真、葉月よし子さん。真っ赤なドレスに衣装替え!アップテンポの情熱的な曲を歌ってくださいました。葉月さんの手拍子に合わせ、お客さまも曲に合わせて手拍子!本堂、明るく楽しい雰囲気に包まれました。
右、集合写真です。みなさま、本当に有難う御座いました!
   
  8月2日(木)、8月3日(金) 寂光院しば漬け作り(寂光院内行事) 
 8月2日、3日の2日間。寂光院内でしば漬けを作りました。院内行事とあるようにお客様がお目にかかることはございませんが、毎年行われている院内の行事です。
しば漬けは寂光院が発祥の地とされ、建礼門院さまが「紫葉漬」と名づけられたと伝えられています。
寂光院で作るしば漬けはナス、シソ、塩のみの昔ながらのシンプルなものです。

 
 
 シソの葉を一枚ずつ丁寧に取っていきます。漬け込むのは葉のみで、茎をキレイに取り除きます。 
 
 
たくさんのシソと、たくさんのナス。写真は一部ですので、まだまだ山ほどのシソとナスがあります。

 
 
ナスを大きな樽でぎっしりと塩と紫蘇で漬けていきます。右が今年作ったしば漬けです。樽4つ分のしば漬けを漬けることが出来ました。 

 

  
9月24日(月)薩摩琵琶奉納演奏

 
 来年にあります建礼門院八百年御遠忌プレイベント・薩摩琵琶奉納演奏の様子です。演奏して頂きましたのは、井村右水さん。建礼門院が大原に来る様子を描いた『建礼門院(大原入り)』【井村右水さん作】を披露して下さいました。
なお、井村さんの演奏は10月24日11月24日にもありますので、是非とも足をお運び下さいませ。
   
   
   
 9月29日(土) 尺八&ギターによる演奏会
寂光院、夜のイベント第2弾!今回は事前予約制でお客様から予約があるかハラハラしましたが、たくさんのお問い合わせを頂きました。当日は雨の降りそうな天気の中、お越し下さいまして誠に有難う御座います!お越し下さった皆様にとって、素敵な夜でありましたように。



 
↑のようなライトを参道から山門の途中まで並べました。
ロウソクのような柔らかい光がとてもキレイでしたよ!
山門までに並べた写真が→こちらです。
山門にあるライトで写真ではちょっと眩しいですが、実際はほんのりとした光が灯り、寂光院の雰囲気にとても合っておりました。

 ←会場前からどんよりとした曇り空になり、急遽、本堂内での演奏に変更になりました。

本堂内には演奏者のお二人が本尊と向き合うように、その周りにお客様が座っておりました。自由席でしたので、縁側でお庭を眺めながら聞いている方もいらっしゃいました。夜の静かな寂光院に雨の降る様と、尺八とギターのしっとりとした音が合わせって趣のある雰囲気でした。
演奏者のお二人とお客様との距離が近いからか、アットホームで和やかな演奏会でした。

 

左、尺八を演奏してくださった岸本寿男さん。右、ギターを演奏してくださった田中彬博さん。
演奏してくださったお二方、そしてスタッフの皆様、この度は本当に有難う御座いました!
  
   
   
10月24日(水)薩摩琵琶奉納演奏
    
 
 
   
 10月24日に行われました薩摩琵琶奉納演奏の様子です。先月に続きまして演奏して頂きましたのは、井村右水さん。建礼門院が大原に来る様子を描いた『建礼門院(大原入り)』【井村右水さん作】を披露して下さいました。
こんなに近くに生で琵琶の語りを聴くことができますよ!来月11月24日のも奉納演奏が行われます。寂光院の紅葉も染まっている頃だろうと思いますので、是非とも足をお運び下さいませ。 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

Copyright (C) 2010 Jakkoin Temple. All Rights Reserved